covid-19 当院の対策・方針

・当院は間仕切り・シールド等を設置せずに、サーキュレータ3台を稼働させ、常時換気、双方のマスク着用で飛沫感染を防いでいます。

・診察時間中は30分毎に1~2分程度、窓・扉を開け集中換気もしています。

・診察・待合室には動物1頭につき、動物の状態が分かる成人1名の方の入室でお願いしています。

・ワンちゃんの診察は診察室の扉を開けたままにしております。(逃亡の恐れのある場合は別です)

・ネコちゃん、ウサギさん、眼科診療(暗室が必要)は扉を閉めさせて頂きます。

・11月より加湿器3台を稼働させております。

・自動ドアスイッチ、受付カウンター、診察室のドアの手すり、待合室の椅子、スタッフ間で共有する備品などは定時にアルコールで清拭しております。

・スタッフ、院長も日常生活から手洗・うがい・マスク装着を徹底しています。通勤も自転車又はバイクと密を避けています。

・待合室では椅子を削減、飼い主様の手指の消毒設備を2ヶ所用意しております。

・待合室が混雑しないように、順番取りシステムをご利用頂き、ご自宅、駐車場の車内にてお待ち頂けます。

・飼い主様には、マスクをして頂き、お話を控えて頂き、隣席との距離をなるべく取って下さい。マスクをお持ちで無い方にはマスクをお渡ししています。

・体調のすぐれない飼い主様はご来院をお控頂くか、電話でのご相談をさせて頂きます。

・診察室には「COCOA」インストール済みのスマートフォンを置いてあります。また常時携帯しております。

・待合室、受付には「大阪コロナ追跡システム」のQRコードを提示していますので、ご利用ください。

・感染再拡大に伴い、理由は多岐にわたりますが、突然の長期休診または休診日の増加を行う場合もあります。その場合は、改めて当ページにてご案内いたします。